KTIデザイナーズアパートメント フォトギャラリーへ

高収益アパート経営

土地をどう活用するかで収益の大きさは変わってきます。駐車場にするもよし、店舗を誘致するもよし、 あるいは鉄筋コンクリートマンションを建てるもよし。どの活用方法が確実なのかを単純に計算するならば、 収入にたいしてコストが小さいか、コストに対して収入が多ければいいということになります。ここでは、 コストを小さくすることと収入をあげるために工夫された土地活用方法「高収益アパート経営」を紹介します。

高収益の6つのカギ

2×4工法であること

一見、鉄筋コンクリート造に見えるアパートですが、木造の住宅なのです。 2×4工法で建てられた木造の住宅には、様々なメリットがたくさん詰まっています。

建築のコストダウン

木造であるという利点は第一に建築コストが押さえられることです。 鉄筋コンクリート造の住宅と比べると収益に関わる多くの条件で よりベターな回答が得られます。

償却期間を短縮

鉄筋コンクリート住宅に比べ建築のコストダウンがはかれることで 収入とのバランスがとりやすくなり、収益確保が望めます。 また、イニシャルコストが低いことは、それだけ償却期間も短くなり 経営が楽になりやすい状況が作ります。

土地・ニーズに合わせた自由設計が可能

大手建築会社とは違い土地の大きさはもちろん、近隣環境を配慮することや オーナー様のニーズに細かく対応することが可能です。

準耐火構造のため火災保険が割安に

木造ですが、万が一の火災対策として準耐火構造で建築しています。 火事の時に燃え広がる速度が減速されるのに加え、火災保険が 割安になるケースがあります。

耐震構造のため地震保険が割安に

2×4工法のため、耐震強度が一般の住宅より高いのが特長です。 これは、地震保険の価格において大きなメリットを生みます。保険の種類にもよりますが、 通常工法で作られた住宅よりも保険料が割安なるケースがあります。

フォトギャラリーへ
  • 事業内容
    • 土地活用、賃貸住宅運営
    • 注文住宅建築
    • 不動産物件再生
    • 分譲マンション
  • 作品集
    • デザイナーズアパート
    • 注文住宅
    • リノベーション
  • 会社案内
  • 資料請求、お問合せ
  • 求人情報
その他のお知らせ
新聞

2013年全国賃貸住宅新聞11月25日号に弊社が掲載されました。
詳しくはコチラをクリック

新聞

2013年全国賃貸住宅新聞4月22日号に弊社が掲載されました。
詳しくはコチラをクリック

新聞

2012年全国賃貸住宅新聞11月5日号に弊社が掲載されました。
詳しくはコチラをクリック

新聞

2012年全国賃貸住宅新聞4月16日号に弊社の投資物件開発事業について取材されました。
詳しくはコチラをクリック

知れば得する収益不動産

当社が紹介されました当社が和合実氏著の「知れば得する収益不動産」で紹介されました。地主の皆様必読の一冊です!!是非、お読み下さい。
詳しくはコチラをクリック